ブログ

2021.02.01

妊婦さんが歯周病にかかりやすい理由とは?

 

新宿オークタワー歯科クリニックです。

本日は妊婦さんが歯周病にかかりやすい理由についてお話しします。

 

妊娠すると、身体にさまざまな変化が起こりますが、その中でも注意したいのが歯周病です。

「妊娠性歯肉炎」という妊婦さん特有の病気があるほど歯周病と妊娠の関係性は強いのです。

 

さらに、影響が出るのは母体だけでなく、胎児や出産に悪影響を与え、早産や低体重児出産になる可能性があります。

 

《妊婦さんが歯周病にかかりやすい理由》

 

1.ホルモンバランスの変化

妊娠すると、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が盛んになります。

それとともに、女性ホルモンを栄養とする細菌が一気に増え、歯茎に炎症を引き起こしやすくなります。

 

2.唾液の分泌量

女性ホルモンの影響で妊娠中は唾液の分泌量が低下し、お口の中が乾燥しやすくなります。

そうすると、唾液成分の自浄作用が低下してしまい、歯周病リスクが高まります。

 

3.口腔内のpH値の変化

つわりにより胃酸が逆流するとお口の中が酸性に傾きます。

また、つわりによる影響などで、一度に沢山食べられず、こまめに食べることが多くなります。

そうすると、お口の中が酸性に傾き細菌が繁殖しやすくなってしまいます。

 

4.不十分なオーラルケア

つわりの時期は、においや刺激に敏感になります。

歯磨き個の香りや歯ブラシを口に入れるだけで吐き気を感じる方も多くいらっしゃいます。

気持ち悪さを避けるために、歯磨きがおろそかになると細菌が繁殖してしまいます。

 

生まれてくるお子さんのためにも、お口の中を健康に保てるよう正しい予防の知識と方法を身につけていきましょう。

 

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

西新宿駅徒歩4分・都庁駅前徒歩6分の歯医者

『新宿オークタワー歯科クリニック』

住所:東京都新宿区西新宿6丁目8−1 新宿オークタワーA 203

TEL:03-6279-0018

TEL:03-6279-0018お問い合わせ
一番上に戻る
小野瀬歯科医院 小野瀬歯科医院インプラントサイト ドクターズファイル