クリーニング

保険適用内のクリーニングとは?

歯科医院で受けるクリーニングは2種類あります。
その違いは『保険適用内のクリーニング』と患者様の全額負担で行う『自費のクリーニング』です。

保険適用内のクリーニング

保険で受けられるクリーニングは下記の内容になります。
■レントゲン撮影
■歯周病チェック
■虫歯チェック
■歯石の除去
■機械的歯面清掃
上記の内容となっております。
※痛みがある場合はその日に治療をおこなう場合があります。

保険適用内のクリーニングのメリット・デメリット

【メリット】
■細かく検査するので虫歯や歯周病の発見につながる
■比較的安価で受ける事が出来る

【デメリット】
■着色は病気ではない為、保険適用内で落とすことが出来ない

保険適用内のクリーニングの流れ

STEP1
まずは問診を致します。

STEP2
レントゲン撮影をして細かい口腔内の状況を見ていきます。

STEP3
虫歯と歯周病が無いかチェックしていきます。

STEP4
口腔内の写真撮影をします。

STEP5
歯石を除去していきます。

STEP6
機械的歯面清掃をします。
具体的には歯の表面についたプラークを除去します。

STEP7
今後の治療計画をご説明して終了となります。
特に治療の必要が無い患者様は3ヶ月~半年の間に定期的なクリーニングをおすすめしております。

保険適用内のクリーニングに掛かる所要時間は?

上記の流れを約1時間ほどでおこないます。

保険適用内のクリーニングに掛かる費用は?

約3,000円~4,000円ほどです。

自費のクリーニング『GBT』とは?

 

虫歯予防、歯の汚れ除去、ヤニ取り・黄ばみ・黒ずみ除去、歯石除去、定期健診

当院では自費のクリーニングをGBTという方法で行います。GBTとはGuided Biofilm Therapyの略で、虫歯や歯周病の主因となるバイオフィルムを抑制して、口腔内と全身の健康を管理する侵襲性を抑えた新しいクリーニング方法のことです。

GBTの内容

その内容は、まず口腔内をバイオフィルムに反応して色を発する染め出し剤で染め出しを行います。

そしてエアフロー プロフィラキシスマスターという機材を使用して、染め出されたバイオフィルムの除去をおこないます。エアフローは、非常に細かいパウダー状の粒子をジェット噴射してバイオフィルムを除去する機材です。従来の手動で行う方法では除去しきれない細かい箇所までクリーニングをおこなうことが可能となります。

次にペリオフローという機材で歯周ポケット内のバイオフィルムを除去します。ペリオフローは先端に柔軟性のある細いノズルから水がジェット噴射される機材です。特徴として歯周ポケットの9㎜の深さまで届くので、歯周ポケットの深部に付着しているバイオフィルムを除去することが可能です。

エアフロー、ペリオフローを使用してバイオフィルムの除去をおこなったのちに、まだ残っている歯石の除去をピエゾンという機材を使用して更に除去します。ピエゾンは一見すると歯を削る機材のように見えますが、細い先端部分が超音波によって振動を起こし、その振動で歯石を砕いて除去していく機材の為、患者様にかかる負担が非常に少なく低侵襲を実現できる機材です。

このようにGBTは出来るだけ従来のような手動での治療を避けて、特殊な最新機器を使用することでバイオフィルムの除去率が格段に上がることは勿論ですが、低侵襲での治療を実現することが可能です。

今まで、歯科医院でのクリーニングに不快感があった患者様にはおすすめのクリーニング方法です。

GBTの効果

毎日歯磨きをしていても、虫歯や歯周病になることは珍しくありません。これは、磨いているつもりでも磨き残しがあること、そしてご自分ではどうしてもきれいにできない部分があることから起こっています。歯と歯の間、歯と歯肉の隙間、歯の表面にある細かい溝などは、正しい歯磨きを毎日行っても手入れができずバイオフィルムができやすい場所です。普段の歯磨きでは十分な手入れができなかった部分のバイオフィルムも、GBTであれば徹底的に落とすことができます。毎日の歯磨きにプラスして、定期的なGBTを受けることで、虫歯や歯周病になるリスクは大幅に下がります。

GBTのメリット・デメリット

【メリット】
■痛みが少ない
■通院が1回で終わる
■ある程度の着色も落ちる

【デメリット】
■レントゲン撮影や細かい検査はしませんので虫歯や歯周病を知りたい方は保険適用内のクリーニングが向いています。

GBTをおすすめしたい方

美しく健康でピカピカの歯をできるだけ取り戻したい。しっかり治療を受けて本来の機能や美しさを取り戻した歯を末永く保つために、GBTによるメンテナンスを当クリニックではおすすめしています。

  • 口内をすっきりさせたい
  • 矯正中で歯磨きがうまくできない
  • 虫歯や歯周病の治療が終了し、いい状態を保ちたい
  • 被せ物や詰め物、ブリッジなどが入っている
  • 着色が気になる

GBTの特徴

痛みはありません

GBTは、さわやかで快適な治療です。歯面清掃に用いるのは専用のエアフローやペリオフロー、やわらかいゴムのカップや特殊なブラシですから、痛みは全くありません。

通院回数と所要時間

メンテナンスのGBTは1度の通院で終了します。所要時間は30~45分程度です。

定期的な通院の頻度

虫歯や歯周病になりやすい方・なりにくい方、口内細菌の状態、唾液の量、ライフスタイル、日常の歯磨きの状態などによって変わりますが、3~4ヶ月に1度の頻度でGBTを受けるペースが一般的です。

対象となる方

歯があれば何歳であってもGBTは可能です。子どもの場合、6~15歳には専用の術式があり、それを行っています。

GBTは素晴らしい予防歯科治療ですが、毎日の歯磨きをはじめとするホームケアを怠ると意味がありません。正しいホームケアを毎日しっかり行いながら、定期的にGBTを受けることで効果的な予防が可能になります。当クリニックでは正しいホームケアについても、しっかりお伝えしていますので、お気軽にご相談ください。

GBTの料金について

メンテナンスコース 料金
メンテナンスコース
(1回で終わらせたい方に)
  1. 染め出し
  2. 歯周検査
  3. エアフロー
  4. スケーリング
  5. フッ素
11,000円
ステイン除去コース
(たばこのヤニ、着色が気になる方に)
  1. エアフロー
  2. リナメル
6,600円~
11,000円~
TEL:03-6279-0018お問い合わせ
一番上に戻る
小野瀬歯科医院 小野瀬歯科医院インプラントサイト ドクターズファイル