ブログ

2021.07.11

インプラント周囲炎とメンテナンスの大切さ

 

新宿オークタワー歯科クリニックです。
本日はインプラント周囲炎とメンテナンスの大切さについてお話しします。

 

自分の歯のようにしっかり噛めることはインプラント最大のメリットといえますが、一方で「インプラント周囲炎」という歯周病に侵される可能性もあります。

そのため、治療後にケアが必要なことは自分の歯と変わりません。

 

つまり、インプラントを入れた部分のお手入れを怠ると、そこにもプラーク(歯垢)が溜まり、細菌が繁殖することで、歯周病同様の症状(痛み、歯ぐきの腫れ、出血など)が発症してしまうのです。

そして最悪の場合、顎の骨が溶けて、インプラントが抜けてしまったり、取り除かなくてはならないことになります。

 

天然歯の歯周病と同じなので、もちろん放置しておくことは厳禁です。
異変に気がついたらすぐに主治医に報告をしましょう。

そのような事態を避けるためには、口腔内のお手入れと定期検診が重要です。
歯周病と同じように、日々丁寧なケアを行い、3ヶ月~半年に1回は必ず歯科医師の検診を忘れずに受けましょう。

 

お口の状態を良好に保てるかどうかは、患者さまの努力が大きくカギを握ります。
当院の歯科医師をはじめ、歯科衛生士といったプロが、健全なインプラントのメンテナンスをサポートしますので、ご一緒に口腔内の健康を守っていきましょう。

 

本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございます。

 

西新宿駅徒歩4分・都庁駅前徒歩6分の歯医者
『新宿オークタワー歯科クリニック』
住所:東京都新宿区西新宿6丁目8−1 新宿オークタワーA 203
TEL:03-6279-0018

TEL:03-6279-0018お問い合わせ
一番上に戻る
小野瀬歯科医院 小野瀬歯科医院インプラントサイト ドクターズファイル