ブログ

2022.08.13

歯周病を防ぐためには、プラークコントロールが大切

 

 

新宿オークタワー歯科クリニックです。

 

歯周病を防ぐためには、ご自身でプラークコントロールをしつつ、歯医者でもケアしてもらうことが大事です。

特に重要なのは本人が行うプラークコントロールです。「歯医者でやってもらえば大丈夫」と考えるのはやめましょう。

そして本人がするプラークコントロールの基本はブラッシングですが、「きちんと歯垢を除去する」というつもりで丁寧に歯磨きをしましょう。

「食べかすを除去する」だけでは不十分ですし、歯磨き粉を多く使うからといって歯垢を取れるわけでもありません。場合によっては歯科医院でブラッシングの指導も受けましょう。

 

 
続いて歯医者でのプラークコントロールについて解説します。

家庭で行うブラッシングでは、「歯石」を取ることができません。そして歯石はバイオフィルムや歯垢の温床になりやすいですし、放置していれば歯肉の内部にも歯石が蓄積していくことになります。

これにより歯周病のリスクが上がります。

ですから歯周病を防止するためにも、歯科医院で歯石を取ってもらうことが大事です。
定期的に歯医者に足を運び、歯石を除去したり、歯肉や歯槽骨の検査をしたり、PMTCを行ったりすることをおすすめします。

 

 
少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 
新宿区西新宿駅徒歩4分の歯医者・歯科
『新宿オークタワー歯科クリニック』
住所:東京都新宿区西新宿6丁目8−1 新宿オークタワーA 203
TEL:03-6279-0018

TEL:03-6279-0018お問い合わせ
一番上に戻る
小野瀬歯科医院 小野瀬歯科医院インプラントサイト ドクターズファイル