ブログ

2022.07.16

マウスピース(アライナー)の変色の原因とは?

 

新宿オークタワー歯科クリニックです。
本日は「マウスピース(アライナー)の変色の原因」についてお話しします。

 

インビザラインで使用するマウスピースの色は透明です。
装着していても目立ちにくく、歯列矯正をしていることを人に気付かれにくい治療法です。

しかし、そのマウスピースが変色して目立ってきてしまうこともあります。
変色の主な原因は、飲食物による着色とタバコのヤニです。

 

・矯正中は飲食物の着色に気をつけるべき?

お水以外の飲食物を摂る時は、原則としてマウスピースを取り外していただきます。着色の他、虫歯や歯周病の予防にも繋がります。

しかし、コーヒーや紅茶、赤ワイン、カレー等の飲食物を禁じるほどではありません。「嗜好品」として楽しむ程度であれば、問題はありません。
ただし、マウスピースを装着したまま、これらを飲食しないようにしてください。

また、これらの着色が考えられる飲食物を口にした際は、歯磨きをしてお口の中を綺麗にしてからマウスピースを装着することをおすすめします。

 

・マウスピース装着中にタバコを吸ってもいい?

「飲食」には含まれないため、マウスピース装着中にタバコを吸っても良いと思っている患者さまもいらっしゃいます。
しかし、マウスピースを着けたまま喫煙をすると、”ヤニ”がついて変色してしまうことがあります。
必ず、取り外して喫煙する習慣をつけてください。

喫煙習慣は歯茎の代謝を抑制してしまいます。代謝が落ちることで、歯の移動が遅れてしまうこともありますので、インビザライン等、歯科矯正を進める際は「禁煙すること」をおすすめします。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 
新宿区西新宿駅徒歩4分の歯医者・歯科
『新宿オークタワー歯科クリニック』
住所:東京都新宿区西新宿6丁目8−1 新宿オークタワーA 203
TEL:03-6279-0018

TEL:03-6279-0018お問い合わせ
一番上に戻る
小野瀬歯科医院 小野瀬歯科医院インプラントサイト ドクターズファイル