ブログ

2022.06.21

前歯のみの矯正治療のデメリットとは?

 
新宿オークタワー歯科クリニックです。
本日は「前歯のみの矯正治療のデメリット」についてお話しします。

 
1:噛み合わせを整えることはできない

前歯を動かすだけですから、奥歯をはじめとする歯全体の噛み合わせを整えることはできません。一方、全顎矯正では噛み合わせを改善することが可能です(当然見た目も向上します)。

噛み合わせが良くなると、歯に対する力がきちんと分散されるようになりますから、歯全体の寿命を延ばすことにつながります。

 
2:歯を削る可能性がある

凸凹した歯並びを整えるためにはスペースを作らなければなりません。
そのため状態によっては、歯間を少し削ることもあります(IPR)。

 
3:状態によっては実行できない

「前歯だけ動かす」とは、つまり「狭いスペースに歯を並べる」ということです。
そのため「前歯だけの矯正治療」を強行することで、口元が突出したような状態になってしまう恐れがあります。

ですから「前歯だけの矯正治療」ができるかどうかは慎重に判断しなければなりません。

 

『「矯正治療によりどのような状態にしたいか」を考えましょう』

どのような種類であっても矯正治療をする以上は、「機能面や審美性などについて、ご自身が望んだ以上の仕上がり」を手に入れることが大事です。

そのため場合によっては部分矯正ではなく、全顎矯正や他の矯正方法を選ぶことも必要です。

 
ただ、部分矯正には「料金が低め」「矯正完了までの期間が短い」などのメリットがありますから、「目的(望んだ仕上がりにすること)」を軽視して、「とにかく部分矯正をしたい」と考える方が少なくありません。

しかし、むやみに部分矯正をすれば、仕上がりに問題が出てしまうかもしれません。

 
そのためドクターときちんと相談した上で、「望む仕上がりを手に入れるためには、どのような矯正をするべきか」を明確にしましょう。

また、そもそも「どのような仕上がりにしたいか」をはっきりさせることも大事です。

 
その上で「部分矯正でも問題がない」と判明したのであれば実行すればいいですが、そうでなければ部分矯正に固執するべきではありません。

「無理に部分矯正を行った結果、見た目がおかしくなり、結局再矯正をする」などとなってしまえば、かなりの費用がかかることでしょう。

 

少しでも参考になれば幸いです。
本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 
西新宿駅徒歩4分・都庁駅前徒歩6分の歯医者
『新宿オークタワー歯科クリニック』
住所:東京都新宿区西新宿6丁目8−1 新宿オークタワーA 203
TEL:03-6279-0018

TEL:03-6279-0018お問い合わせ
一番上に戻る
小野瀬歯科医院 小野瀬歯科医院インプラントサイト ドクターズファイル