保険診療

一般歯科

むし歯予防について

むし歯ができ始めても見て見ぬ振りのままで
後から後悔した経験はありませんか?
むし歯は一度進行してしまうと二度と再生することはありません。
歯が無くなってから後悔しないために早期発見・早期治療をお奨めします。

一般的にむし歯(う蝕)とは、口腔内に繁殖した細菌が食べ物に含まれる糖質を餌にし、酸を発生させ、この酸が歯の表面を溶かし穴が開いていくことをいいます。
この過程を「脱灰(だっかい)」といいます。
また、唾液に含まれるカルシウムやリンが初期の脱灰を修復できます。
この現象を「再石灰化」といいます。
通常、歯は食事をする度に脱灰と再石灰化が日常的に行われておりますが、過度の脱灰には再石灰化も追いつかず一度進行してしまうと自力で治すことは不可能です。
そのためにも日ごろからのハミガキや健康的な食生活を送るのが一番のむし歯予防なのです。
それでもむし歯が進行してしまったら是非ご相談ください。

 

その他

治療症例 患者様の声 プレミアムセラミック デジタル・デンタル・クリニック

PAGE TOP