エステティック(審美歯科・ホワイトニング)

エステティック(審美歯科)

正確な咬み合わせ。そして徹底した美へのこだわり、追求。

当院のエステティックに特化したセラミック治療は専任のセラミストが歯科技工物を製作させていただきます。

セラミックアーティスト(セラミスト)大久保のご紹介

セラミスト:大久保

セラミスト 大久保 のご紹介

私は、できるだけ多くの患者様に快適なデンタルライフを送っていただくべく、日々歯科技工物の製作に取り組んでいます。 開設以来、セラミック素材・インプラントなどを中心に、機能性と審美性にこだわり続け、技術を磨いてまいり、複雑な技工物や難しい症例にも対応できる技術力には自信があります。 また、小野瀬先生が目指すチーム医療の一員として、患者様に十分な満足感が得られるように日々新しい技術を取り入れ進めて行きたいと考えております。

  • 1988.3 愛歯技工専門学校 卒業
  • 1988.4 (株)ケイ・テックス 入社
  • 1989.3 KIKUTAKE-ROBBINS Dental Lab.
  • 1989.3 アメリカ Los Angeles 出向
  • 1991.4 (株)ケイ・テックス 本社勤務
  • 1991.4 早稲田歯科技工トレーニングセンター 入学
  • 1992.3 早稲田歯科技工トレーニングセンター 卒業
  • 1992.4 早稲田歯科技工トレーニングセンター インストラクター就任
  • 1993.4 (株)ケイ・テックス ポーセレン科 技術主任
  • 1995.9 (株)ケイ・テックス 退社
  • 1996.4 オークス セラミック アートD.L. 開業
  • 東京SJCD会員

人工歯セラミック1

人工歯セラミック

セラミック

セラミックによる審美治療

セラミックは、歯科の材料の中で最も体を害することがなく、歯に色調が近く、最も自然な仕上がりとなる材料とされています。近年、セラミックそのものの強度や色調の再現性がさらに向上し、技術や材料の進化と共に接着剤の質も向上してきたので、更に適応範囲が広がってきました。

オールセラミックとは

見た目の気になる前歯など、金属類を使用するメタルボンドを使用するのは抵抗があるという方が多いのではないでしょうか?

オールセラミックは、被せ物や差し歯の素材が全てセラミック材料(陶器材料)でできているものを使用する審美歯科治療です。

全て光を透すセラミック材料(陶器材料)でできているので、天然の歯に近い透明感ある仕上がりになり、見た目も気になりません。また、金属類を使用しないので、体に金属アレルギーをお持ちの方にも適した治療法です。

体に金属アレルギーをお持ちの方や、短期間に歯並び、歯の大きさ、歯の形を治したい方、以前の治療で被せた金属が見えることが気になる方、歯の神経をとってしまって、歯が黒ずんできた方におすすめです。

オールセラミックのメリット・デメリット

メリット
  • 天然の歯に近い透明感で、自然な仕上がりになる
  • 好みの白さに調整ができて、着色汚れがつきにくい
  • とても優しい素材で、体への金属アレルギーの心配がない
  • 金属類によってできる歯の根元や歯ぐきへの変色がない
デメリット
  • メタルボンドのような金属類を使用してないため、強い衝撃により欠けたりすることがある

ラミネートべニアのメリット・デメリット

メリット
  • 元の歯の色が悪い場合でも対応できる
  • 歯の神経をとらない
  • 色のくすみが起こりにくい
デメリット
  • 割れたり剥がれたりする
  • 薄い素材のため、耐久性に欠ける
  • 咬み合わせが悪い場合には使えない

セレック

セレックを用いたシミュレーションをご覧ください。

  • セレックで顎の状態を読み込む

    セレック

    セレックで読み込んだ上顎の前歯の状態です。
    赤い丸で囲った部分にセラミックの歯を入れるシミュレーションをします。

  • 前歯にセラミックを入れるシミュレーション

    セレック

    綺麗な歯が入るイメージが完成しました。

料金表はこちら
治療症例 患者様の声 プレミアムセラミック デジタル・デンタル・クリニック

PAGE TOP