入れ歯

入れ歯治療について

歯を失ってしまった方に、当クリニックでは患者様のライフスタイルやお考えに合わせた治療を行っています。インプラントは選択肢のひとつであり、患者様によっては入れ歯治療の方が多くのメリットがあるケースもよくあります。

こんな方には入れ歯治療をおすすめしています

  • 手術はリスクがあり怖い
  • インプラントの治療費用は高額だと思う
  • 歯周病の進行で顎の骨がなくなっている
  • できるだけ自分の歯を削らずに治療したい
  • 残された歯の状態もあまりよくない

以前のイメージとは違う入れ歯治療

「入れ歯だと一目でわかってしまう」「見た目が悪い」「痛い」「外れやすい」といったイメージを入れ歯に持っている方が多いのですが、現在は金属を使わない入れ歯、自然な見た目の入れ歯、ご自分の歯のように噛める入れ歯も登場しています。当クリニックでは患者様のご希望やお考えに合わせて、快適にお使いいただける最適な入れ歯を提供しています。

入れ歯の種類

ライフスタイル、費用、自然さ、持ちを含めたコストパフォーマンスなど、患者様がご納得できる最適な入れ歯をお選びいただけるよう、保険適用内から保険外まで、幅広い入れ歯をご用意しています。

保険内入れ歯

ピンク色の義歯床でプラスチック製です。部分入れ歯はクラスプという金属のばねを残された歯にかけて安定させます。
厚みがあるため話しにくい傾向があり、違和感が強いケースもよく見られますが、当クリニックでは熟練した技工士と口腔外科に精通した歯科医師が密に連携して、できるだけ痛みが少なく、外れにくい入れ歯をお作りしています。

金属床

総入れ歯と部分入れ歯のどちらでも作製可能であり、義歯床が金属でできているため、薄くて丈夫です。強度が高い金属ですから壊れにくく、薄いので保険適用の入れ歯に比べて違和感が少なくなっています。また、金属は熱を通すため、食べ物の温度も感じることができ、食事の楽しみを損なわないというメリットもあります。

ノンクラスプデンチャー

柔軟性のある特殊な樹脂でできています。安定感に優れていますが、金属のバネを使用しないため「一目で入れ歯だとわかってしまう」ということがありません。また、入れ歯の面積を小さくすることが可能ですから、違和感もそれだけ少なくなります。

インプラント・入れ歯・ブリッジの違い

説明歯を失った際には、インプラント・入れ歯・ブリッジといった治療の選択肢があります。当クリニックでは患者様が最適な治療法を選べるよう、それぞれのメリットやデメリットについてわかりやすくお伝えし、ご家族ともゆっくり相談されてから決めていただくようにしています。

インプラント
  • 噛む力 天然の歯とほとんど変わりません。
  • 見た目 残された歯と同じ色にでき、天然の歯とほぼ同じ色を再現できます。
  • 他の歯への影響 他の歯を傷付けることはありません
  • 費用 保険適用外です
入れ歯
  • 噛む力 素材などにより大きく変わりますが、保険適用の総入れ歯の場合、天然の歯の3割程度だとされています。
  • 見た目 金属が見える場合があります。また素材により経年変色が起こります。
  • 他の歯への影響 金具が負担になります。また、残された歯への負担も増加します。
  • 費用 保険適用のものもあります。
ブリッジ
  • 噛む力 天然の歯の6割程度だとされています。
  • 見た目 素材によりますが、天然の歯とほぼ同様にすることが可能です。
  • 他の歯への影響 両隣の健康な歯を削る必要があります。
  • 費用 保険適用のものもあります。
TEL:03-6279-0018お問い合わせ
一番上に戻る
小野瀬歯科医院 小野瀬歯科医院インプラントサイト ドクターズファイル