矯正治療・小児歯科

小児歯科

健康な歯は一生の財産

子どもの歯を健康に保つためには、ご両親をはじめとした周囲の方の協力が不可欠です。乳歯は永久歯に比べて虫歯になりやすく、しかも虫歯になると進行も早いため、日々の手入れは特に重要です。正しい歯磨きは大人であっても難しいものですから、小学校に上がるまでは毎回、仕上げ磨きをして、口内の清潔を保ってあげてください。また、正しい歯磨きがしっかり身に付くまでは、歯磨きチェックを習慣化するようにしましょう。

当クリニックの小児歯科は、虫歯治療だけでなく、歯を守るための予防歯科にも力を入れており、仕上げ磨きや歯磨きチェックのアドバイスも行っています。お子様の歯や顎の健全な成長と発育を見守る定期検診では、口内のチェックや歯磨き指導の他、保護者の方に虫歯ができるメカニズムやリスクの高い食習慣などもご説明し、お子様が協力したくなる仕上げ磨きやチェックの仕方をお伝えしています。

当クリニックの小児歯科

歯医者嫌いを作らないために

はじめての歯科クリニックで怖い思いをしてしまうと、一生、歯医者嫌いになってしまう可能性があります。そのため、当クリニックでは、いきなり治療するということはせず、歯科クリニックになれてもらうことからスタートするようにしています。
雰囲気に慣れたら、治療用ユニットに座ってみる、機械や器具に触れる、ユニットを倒してみる、口を開けてみるなど、ゆっくり段階を踏んでいくことも可能です。お子様の個性に合わせて進めていきますので、安心していらしてください。

丁寧にスタッフが対応

当クリニックには、幼い子どもとのコミュニケーションに慣れたスタッフがおります。幼いお子様や、他院で怖い思いをして歯科嫌いになってしまったお子様でも遠慮なくお連れください。

将来を視野に入れて診療しています

お口の健康は一生の宝になるものです。当クリニックの小児歯科では、現在の状態をしっかり診るだけでなく、将来も視野に入れた診療を行っています。子どものころにしっかり治療や予防を行って正しい歯磨きの習慣を身に着けることは、成人してからの虫歯や歯周病リスクの低下にもつながります。

ライフスタイルに合わせたアドバイス

食生活や食習慣は歯の健康に大きく関係しています。また、ご家族のライフスタイルによって、仕上げ磨きを行いやすいタイミングなども変わってきます。当クリニックではこうしたことも踏まえてアドバイスを行っています。また、共働きのご両親で日中は祖父母様がお子様の面倒をみられている場合、祖父母様にもご来院いただくことをおすすめしています。

年齢別の虫歯リスクと予防方法

0~2歳

虫歯になりやすいのは、上顎の前歯の間です。
歯磨きをしてあげる際には、歯の付け根や歯と歯の間に注意してください。

2~3歳

虫歯になりやすいのは、奥歯の溝です。奥歯の溝は深く複雑ですから、汚れがたまりやすい場所です。
仕上げ磨きでは、汚れを掻き出すために細かく歯ブラシを動かすようにしてください。

3~4歳

虫歯になりやすいのは、奥歯です。特に奥歯の溝と奥歯の間に注意しましょう。
大きく口を開けた状態でチェックしながら仕上げ磨きをしてください。奥歯まで光がしっかり届き場所で行うようにしましょう。

4~12歳

虫歯になりやすいのは、番奥から生えてくる6歳臼歯です。
生え変わる途中で虫歯ができてしまうケースも珍しくありません。生え始めたら奥歯の横や後ろも見逃さないようにチェックし、しっかり磨いてあげてください。

虫歯になりやすい乳歯にご注意ください

乳歯は永久歯と比べてエナメル質(歯の表面)が薄く、やわらかいため虫歯になりやすく、一度虫歯になってしまうと進行もかなり早いと言われています。また、神経が占める割合が大きいため、虫歯になった時にも神経まで進行しやすい傾向があります。

永久歯に生え変わるから、乳歯の虫歯は放っておいても大丈夫だと誤解されていることが多いのですが、これは大きな間違いです。乳歯の虫歯は永久歯に大きな悪影響を与える可能性がありますし、虫歯は食習慣やケアなどによって生じますから永久歯になっても同じ食習慣やケアを続けていれば虫歯になりやすいのです。
乳歯の虫歯であっても、できるだけ早めにしかクリニックを受診して適切な治療を受け、再発させないよう定期的な歯科検診を受けるようにしてください。

お子様の歯を虫歯から守るために

小学校に上がるまでは仕上げ磨きを

汚れを完全に落とす歯磨きは大人でも難しいものです。最低限、お子様が小学校に入るまでは、仕上げ磨きをしてあげてください。当クリニックでは、お子様が楽しくできる歯磨き指導に加え、保護者の方に仕上げ磨きのアドバイスも行っています。

定期的にフッ素塗布で効果的な虫歯予防

フッ素塗布は歯質強化や虫歯菌の働きを抑制するため、お子様の歯を虫歯から守るためにとても効果的な予防法です。ただし、その効果は3ヶ月程度しか持続しないため、定期的な受診が不可欠です。このタイミングで視界医師による定期チェックを受けることもできますので、虫歯リスク低減に大きく役立ちます。

定期検診で生涯の健康な歯をサポート

幼いころから歯科クリニックで定期検診を受けていると、お口の中を健康な状態に保つことができますし、正しい歯磨きが身に付きますし、定期検診も習慣化します。これは生涯の歯の健康につながる一生の財産です。

矯正歯科

歯科矯正は日本でも少しずつ広がってきていますが、まだ一般的なものにはなっていません。欧米では眼鏡やコンタクトレンズで視力を矯正するように、歯科矯正も快適な生活に欠かせないものととらえられています。歯科矯正は、単に美しい歯並びに整えるだけのものではありません。咀嚼や咬合といった正しい噛み合わせを実現することが一番重要な問題であり、口内の健康を保つためだけでなく、全身の健康にも大きく役立ちます。歯科矯正は手入れのしやすさも実現するため、80歳で20本の歯を残すために日本歯科医師会が提唱している『8020運動』(ハチマルニーマル運動)にもつながってきます。
欧米ではブラケットやワイヤーをしていることが健康に対する意識の高さだととらえられています。そのため、特に隠すような治療に対する需要は大きくないのですが、日本ではまだ「見えない矯正」に関心が高いのも事実です。ただし、日本でも歯に対する意識の高い方は、ブラケットやワイヤーに対する違和感がなく、年々そうした方が増えてきています。
当クリニックでは、正しい噛み合わせを実現する矯正治療を基本に、審美・美容的な意味でも十分ご満足いただける矯正治療を行っています。ご希望に合わせて、目立たない矯正も幅広く提供可能ですので、お気軽にご相談ください。

大人の矯正

矯正歯科治療で美しい横顔を

鼻の先端と顎の先端に接する線に唇を近づけるE-ライン(エステティック・ライン)が、横顔の美しさに大きく影響しています。歯科矯正で歯並びが整うと、E-ラインによって横顔の美しさが実現します。
東洋人はE-ラインに上唇が接していて、下唇がやや出ている状態が自然な美しさにつながる傾向があります。歯科矯正でこれを実現することで、横顔の口元がすっきりします。

大人の矯正歯科治療

歯科矯正を成長段階の子ども時代にしかできないものと誤解している方もありますが、歯科矯正は何歳でも可能です。ただし、噛み合わせの悪さを長年放置していると治療が難しくなり、まれに歯科矯正が不可能なケースも存在します。まずはご相談にいらしてください。

男性の歯科矯正

海外とのビジネスが珍しいものではなくなってきている現在、男性ビジネスマンで歯科矯正を受ける方も増加傾向にあります。特に欧米では整った歯並びが当たり前のものになっているため、ビジネスチャンスを失わないための歯科矯正が定着してきつつあります。

子どもの矯正

子どもの矯正をはじめるタイミング

一般的に小児歯科矯正は6歳から7歳にスタートします。矯正は永久歯に行うものであり、この年齢で永久歯の前歯と奥歯が生えてくるからです。ただし、顎の変形が強い場合には、スムーズな矯正が可能になるようもっと幼いうちから準備をする必要が生じるケースもあります。特に骨の不調和は、幼いうちに軽微でも、成長につれて大きくなっていくことがほとんどです。そういった場合も早い段階で準備しておくことで、本格的な矯正治療の期間を短くできる可能性もあります。歯や顎の成長はそれぞれ異なり、お口の状態を気にする心の成長も千差万別ですから、早めに矯正の相談をしておくことをおすすめしています。
当クリニックでは、小児歯科にいらしたお子様のお口を総合的に診断しておりますので、お子様の口元が気になる場合には、お気軽にご相談ください。

小児歯科矯正のメリット

永久歯が生えるスペースが足りないまま顎の成長が止まってしまうと、ワイヤーによる本格矯正を行う際に健康な永久歯の抜歯が必要になるケースがあります。小児矯正の早期治療で顎の成長が止まる前に必要なスペースを確保することは、永久歯の抜歯をすることなく本格矯正できる可能性を高めます。また、固定式装置を付ける期間を短くすることにもつながりますし、本格矯正を行うことなく整った歯並びを実現できる可能性もあります。

早期治療と本格矯正

子どもの小児矯正は、早期治療と本格矯正のステップがあります。早期治療によって、部分的な矯正だけで歯並びが整うこともありますし、ワイヤーの装着期間が短くなるケースもあります。また、本格矯正が必要なくなることもあります。

早期治療 第1期治療(学童期)

永久歯が生えてくるだけの十分なスペースを確保し、バランスよく成長するよう準備します。状態を悪化させる要因を取り除き、成長力を引き出して適切な成長発育につなげていきます。様々な治療が可能であり、この早期治療が的確に行われると本格矯正で永久歯を抜かずに治療できる可能性が高まります。

本格治療/第2期治療(中学生以降)

成人矯正と同様に、歯にブラケットを装着して全体の噛み合わせを改善し、歯並びを整えます。

TEL:03-6279-0018お問い合わせ
一番上に戻る
小野瀬歯科医院 小野瀬歯科医院インプラントサイト ドクターズファイル